顔や首にいぼができて手術を考えている方は必見の情報が満載

気になる「いぼ」は手術で簡単解決

いぼの主な種類

顔を触るウーマン

身体のあらゆるところに出来てしまういぼ。女性にとっては首や顔にできるいぼは大きな悩みのタネになってしまいます。多くの人を悩ませるいぼですが、いぼと一口に言ってもいぼにはいくつかの種類があり、できる原因やその特徴も様々です。そもそもいぼを大きく分けると「ウイルス性いぼ」と「老人性いぼ」の2つに分かれます。前者のウイルス性いぼは、名前の通り、ヒトパピローマウイルスやモルシボックスウイルスといわれるウイルス類が感染してできるいぼです。基本的にウイルス性のいぼは手術をしなければ治すことができません。一方、後者の老人性いぼは、加齢や皮膚へのダメージによってできるいぼです。いぼの大きさや種類によっては自分で治すこともできますが、美容外科クリニックなどで手術で取り除くことも可能です。ここでは、いぼをさらに細かく分類して、顔にできるいぼとして代表的な「青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)」といういぼと、「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」といういぼについて説明します。

青年性扁平疣贅は、20代から30代の女性の顔にできやすいいぼです。手の甲にできることもあります。この青年性扁平疣贅は、ウイルスに感染してできるウイルス性いぼです。大きさは数ミリ単位から1センチほどになることもあります。扁平疣贅の名前の通り、ひらべったい扁平のかたちでできます。この青年性扁平疣贅が体にできるとかゆみが生じることがあります。かゆみが生じてむやみにかいてしまうと、かき傷ができて、そこからさらにウイルスが感染する恐れがあります。ウイルス感染が原因で、いぼがさらに増えることもあるので注意が必要です。青年性扁平疣贅はウイルス性いぼでも自然治癒で治りやすいいぼとされています。しかし、症状が悪化したり、なかなか治まらなかったりする場合はクリニックで液体窒素法などの手術を行い取り除くことができます。

次に老人性疣贅について説明します。老人性疣贅は、青年性扁平疣贅とは違い、若い時期ではなく加齢によってでき始めるいぼです。「老人性いぼ」や「脂漏性角化症」ともよばれています。できる場所は、青年性扁平疣贅と同じく顔や首が多いとされていて、加齢による肌の老化と紫外線による影響でできるといわれています。青年性扁平疣贅は、表面がザラザラしていませんが老人性疣贅は、表面がザラザラしていることが特徴です。加齢以外にもストレスや喫煙習慣などの有無で発生することもあるので普段の生活には注意が必要です。この老人性疣贅は、皮膚科や美容外科クリニックで手術して除去することができます。液体窒素法の治療が主流ですが、跡を残さずに早く治療を済ませたい方は、美容外科クリニックでレーザー治療をすることも可能です。

ウイルス性いぼの場合は、ウイルスの侵入を防ぐことで予防をすることができます。老人性疣贅のような、老化が原因で発生するいぼは、できるだけ肌へのダメージを減らすことが予防につながります。外で紫外線の影響を受けないように、日焼け止めクリームを使ったり、帽子をかぶったりといった、ちょっとした工夫でもいぼの発生を防ぐことは可能です。また紫外線だけではなく、肌にストレスを与えないように日頃の食生活やストレス、睡眠などにも気をつけましょう。

鏡を見る女性

炭酸ガスレーザー治療とは

いぼの手術方法として有名な炭酸ガスレーザー治療についてのメリットや治療手順について知ることができます。顔にできたいぼを取り除きたいけど手術跡は残したくない人にはうってつけの手術方法です。

女の人

クリニックの決め方

いぼの手術で始めに気をつけておきたいポイントが美容外科クリニックの決め方です。クリニック選びは医師の技術力と接し方がポイントになります。後悔しないように慎重にクリニックを選ぶようにしましょう。